連載エッセイ「野あそび隊がゆく!」

野あそび隊タイトル_夏

雑木林の空き地、水遊びにもってこいの河原、穏やかな湖のほとり。

お気に入りの椅子を置けば、そこは自分だけの秘密基地。

遊んでおなかがすいたら、バーナーでごはんを温め、おやつにはコーヒーを淹れる。

いつもの読書や昼寝だって、ここでは少し特別だ。

思い立ったら週末すぐ行ける、我が家の小さな冒険を「野あそび」と名づけた。

車のトランクに、バーナーと食料、タモ、虫かご、読みかけの本を詰め込んで、

まだ見ぬ野・山・川へいざ出発!

noasobi_memo_2

もくじ

(予告)野あそび隊の連載エッセイ、はじめます! 2020/2/26 UP

(1)冒険のはじまり 2020/3/1 UP

(2)秘密基地を見つけよう 2020/4/1 UP

(3)野草摘みは一日にしてならず 2020/5/1 UP

(4)カエルの棲む庭 2020/6/1 UP

(番外編)キャンドルディナーでおうち野あそび 2020/7/12 UP

※タイトルをクリックすると、記事に飛びます

noasobi_memo_2

noasobi_taiin_title

愛知県東三河に暮らす4人家族。

自然が身近にある環境を生かし、週末野あそびを満喫中。

papa2

【夫】

ファミリーキャンプ、ボーイスカウト、ワンゲル部を経て環境学習講師に。

可愛がっているヘビが時々脱走する。

mama2

【私】

おいしいものと自然好き。

食べる以前に、野あそびごはんを妄想するだけで満たされる。

seigo2

【むすこ】双子・弟

川を見ればタモ片手に突入。父をガサガサの師と仰ぐ。

夢はカエル博士、愛読書は『あまがえる先生』。

fumino2

【むすめ】双子・姉

インドア派。野あそびには本とスケッチセットを持参。

ただし描くのはキラキラ女子&スイーツ。