松本寛司さんのカッティングボード

191028_1

一日の楽しみは? と聞かれたら、迷わず「食べること!」と答えるくらい、大の食いしん坊です。

おいしいもので満たされるのはもちろん、なにを食べようかと想像する時間はもっと好き。

そんな私の最近のお楽しみと言えば、このカッティングボードでいただくごはんです。

木工作家・松本寛司さんによる手仕事の作品で、先日、ほとりプレスvol.2の取材で出合い、我が家にやって来ました。

プレート、トレイ、まな板にと大活躍!

191028_4

盛り付けたり、切ったり、運んだりと、とにかく何にでも使えるので、毎日フル稼働!

水切れがいいようにと、足のようなものが伸びていて、なんだかかわいい。台所の入口に吊るしたら、門番みたいです。

191028_2

こちらが寛司さんのサイン。使っていくうちに、色合いの変化も楽しめます。長いお付き合いになりそう。

191028_5

夕食後に、フルーツを乗せてカットしてみました。

そのまま食卓に出してもサマになるので、洗いものも減ってうれしい限り。

余談ですが、このなんとも季節外れのスイカは、夏の終わりに畑に混ぜた、野菜ゴミから芽を出したんですよ~!

手に取って伝わる、木の魅力

191028_3

こちらは“toson”(トーソン)と名付けられた、薄型のヘラ。

気軽に木工作品の魅力に触れてほしいと、手ごろな価格に抑えています。

寛司さんが取り組んでいるのは、暮らしの中の道具づくり。

次週から、普段は見ることのできない制作現場や、豊橋市にある住まいを訪ねた取材のこぼれ話をお届けします。お楽しみに!

【松本寛司さん】

Life is Art

写真・文:中西沙織

2019-10-28 | Posted in ほとりプレス, 日々のことNo Comments » 

関連記事