GOLPIE COFFEE(名古屋市昭和区/スペシャルティコーヒー専門店)


190909_1

初夏に取材したほとりプレス創刊号でしたが、気づけばもう9月。創刊号を設置いただいている“ほとりpartners”のご紹介も、ラストスパートです!

さて、少しずつ秋めくこの季節に恋しくなるのが、あたたかなコーヒー。おうちでのコーヒータイムを楽しくしてくれる、名古屋のスペシャルティコーヒー専門店「GOLPIE COFFEE(ゴルピーコーヒー)」をご案内します。

 

見て、味わって楽しいコーヒー体験

190909_2

GOLPIE COFFEE」は、上質で個性豊かなスペシャルティコーヒー専門のロースターとして、2015年にオープンしました。

場所は、地下鉄川名駅近くの住宅街。片流れの屋根から突き出た立派な煙突が目印です。

190909_6

お店のコンセプトは、“Vision of Identity”(こだわりの見える化)。生豆から焙煎、抽出まで、一杯のコーヒーが私たちのもとに届くまでを、見て、味わって体験することができるんです。

扉を開けてまず目を奪われるのが、ガラス越しに見える焙煎室。プロバット社の25kg釜焙煎機は、まるで機関車のような重厚感! ここで自家焙煎した豆は、店頭やオンラインショップで購入するほか、カフェスペースで味わうこともできます。

 

焙煎日本一の技術で、豆の繊細な味わいを表現 

190909_3

代表の河合佑哉さんは、焙煎競技会で日本一に輝いた実力の持ち主。焙煎については「何度も試作を繰り返しながら、ごまかさず素直に豆の個性を引き出します。こんなコーヒーがあったんだ!と、驚きとともに感動を覚えるような、日本人の繊細な感覚に合うコーヒーをお届けしたい」という言葉がとても印象的でした。

 

190909_4

そう、河合さんの焙煎する豆は、味わいの表現が細やかで、どこか奥ゆかしい。これは私個人の感想ですが、日本茶にも通じるところがあるなあと、飲むたびにしみじみ思うのです。

 

190909_5

時には店を飛び出し、コーヒーの品評会「カップオブエクセレンス」で国際審査員を務めたり、海外のコーヒー農園を毎年訪れたりと、よりよいコーヒーを求めて精力的に活動中。

上の写真は、コーヒー生産者との一コマ。農園訪問の際は、その生産者から仕入れた豆を日本の店で焙煎し、現地へ持参してプレゼントしているんですって。

お店では、こうした貴重なお話が聞けるのも、コーヒー好きにはたまりません。

 

豆や生産者に想いを馳せながら、とっておきのおうちコーヒーを

190909_7

店頭に並ぶコーヒー豆は、単一豆のシングルオリジンから、オリジナルブレンドまで常時10種類ほど(200g 960円~)。コーヒー生産国の世界観をデザインしたという豆のパッケージは、思わず飾りたくなる素敵さ。手軽なドリップバッグやギフトも充実しており、贈り物にも喜ばれそうですね。

銘柄を選ぶのに迷ったら、カフェで実際に味わってみるのがおすすめ。カフェのコーヒーは、2種類の日替わり豆から選ぶことができ、一杯450円。小さなデミタスカップで別銘柄の試飲も付けてもらえます。抽出の方法や器具選びの相談にも乗ってもらえるので、気軽に声をかけてみて。

最後にひとつ、こぼれ話を。今回、ほとりプレスを設置していただいたのは、河合さんが植物好きと知り、意気投合したのがきっかけでした。お店は、花のある暮らしを提案する「花の王国あいちサポート企業」にも認定されており、創刊号の野草の記事に、とても興味を持っていただいた様子。

おいしいコーヒーと、ほとりプレス。奥深い二つの世界をじっくり味わってみてください。

※価格は税込

 

【GOLPIE COFFEE】

https://golpiecoffee.jp/

文:中西沙織

※情報は2019年8月取材時のものです。内容が変更になる場合がございますので、ご了承ください。

2019-09-09 | Posted in ほとりpartnersNo Comments » 

関連記事