cafe one(名古屋市中区/カフェ)

190729_1

ほとりプレスの設置にご協力いただいている、“ほとりpartners”の皆さま。

第二弾のご紹介は、名古屋市中区にある「cafe one」です。世界2位に輝いたラテアートをはじめ、おいしいおやつや素敵な空間など、たっぷり詰まった魅力をお届けします。

 

丸の内のオフィス街で、ホッとくつろげるカフェ

190729_2お店は、地下鉄久屋大通駅の1番出口から徒歩3分ほど。丸の内エリアのオフィス街の一角にあります。地下に広がる空間は、通りの喧騒から離れた、ホッとひと息つける場。

以前は本山で営業されていましたが、移転後は席数も大幅に増え、立ち寄りやすくなりました。

 

カップ一杯の芸術。魅惑のラテアートにくぎ付け!

190729_3さて、cafe oneといえばラテアート!ということで、オーナーバリスタの小山真さんに、特別に目の前で作っていただきました。ちなみに、ラテアートとは、エスプレッソに、スチームしたミルクを注いで模様を描いたもの。

真さんは、かれこれ10年近くに渡って取材をさせていただき、コーヒー初心者の私に、ラテアートとは何かを教えてくださった方です。(ちなみに奥に写っていらっしゃるのが、いつも頼れる奥様の美帆さんです)

今回は、カップにどんなアートが描かれるのか、ワクワクドキドキ…

 

190729_4

エスプレッソをカップに抽出し、スチームしたミルクを回しながら落としていくと、

 

190729_5ミルクが浮き上がって模様ができていきます。まずは絵柄のベースとなるレイヤーハートを描き、

 

190729_6次に、カップの手前に向けてリーフを描きます。

 

190729_7そして特別サービス!? 一つおまけにハートがつきました。

 

190729_7_2最後に、首と頭を描けば、ハート付きのスワンが現れました。記事の一番上の写真が、完成した一杯です。スワンの羽根一枚一枚まで美しく表現され、毎度のことながら、惚れ惚れしてしまう技術と完成度!

 


190729_8

それもそのはず、真さんは全国にファンを持つラテアートの名手で、国内大会で日本一、さらに世界大会でも準優勝を獲得しています。カウンターにはトロフィーがずらり…!

ラテアートを施した「カフェワンラテ」500円は、もちろん味も期待を裏切らないおいしさ。ミルクの泡がきめ細かく滑らかで、エスプレッソの深いコクもしっかり感じられる一杯です。

お店では、一般向けのラテアート教室やホームバリスタ大会、さらに全国からプロのバリスタが集う本格的なラテアート大会も開催されています。自分もこんなラテアートを描いてみたい!プロの技を目の前で見てみたい!という方は、ぜひお店のウェブサイトをチェックしてみてください。

 

手づくりのごはんにおやつ、お酒も飲める!

ランチタイムは、野菜やデリが品数豊富に盛られたおうちごはんを目当てに、近隣のオフィスワーカーで賑わいます。ランチメニューは3種類あり、それぞれ899円。16時までオーダーできるので、遅めのお昼ごはんにも重宝します。


190729_9

おやつには、自慢のラテとともに、店内で焼き上げるシフォンケーキやタルト、マフィンをどうぞ。


190729_10

こちらは人気のレモンケーキ380円。レモンが香る生地に、甘酸っぱいアイシングがたっぷりかかった、夏にぴったりの爽やかさでした。

このほか、ビールやハイボールといったお酒や、夜もディナーセットなどの食事が楽しめます。

営業時間は11~22時(日曜は~17時)まで、コーヒーや焼き菓子はテイクアウトもOKです。

 


190729_11

一日のいつ訪れても、心地よくおいしい時間が過ごせるcafe one。

ほとりプレスは、入り口脇のコーナーに置いていただきました。

余談ですが、写真右側のcafe one オリジナル水筒がすごくかわいかった!  数量限定とのことですので、ほとりプレスも、水筒も、気になる方はお早めに!

 

※価格は税別

【cafe one】

https://www.koyamaseisakusyo.com/

写真・文:中西沙織

※情報は2019年7月取材時のものです。内容が変更になる場合がございますので、ご了承ください。

2019-07-29 | Posted in ほとりpartnersNo Comments » 

関連記事