(番外編)キャンドルディナーでおうち野あそび

200712_1

野あそびの楽しみを、おうちでも!

連載エッセイ「野あそび隊がゆく!」の番外編として、

夏のアウトドアや自宅でも活躍中の、わが家の定番レシピをお届けします。

ごはんとともにもう一つ、野あそび気分を盛り上げてくれるのがキャンドル。

空にまだ明るさの残る、サンセットの前後がおすすめです。

キャンドルの揺らめきと、夜の気配を感じながら、

自然とつながるひとときを味わってみませんか?

 

noasobi_memo_2余白少

200712_2

フライパン一つで完成! 子どもたちも大好きな、カレー味のパエリアです。

アサリなどの貝類を加えると、うま味がぐんとアップします。(屋外調理では、貝の殻がゴミになるため、ベーコンだけのことが多いです)

夏野菜のトッピングは子どもたちの出番。花火のように賑やかになりました。

noasobi_memo_2余白少

 

フライパンパエリア(4人分)

【材料】

・米・・・2合

・玉ねぎ(みじん切り)・・・1/2個分

・にんにく(みじん切り)・・・1片分

・トッピング(夏野菜、ベーコン、あさりなど)・・・適量

・水・・・2カップ

・カレー粉・・・小さじ1/2~

・コンソメ・・・小さじ1

・オリーブオイル

 

【作り方】

①フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを入れ、香りが立ったら玉ねぎを炒める

②米をとがずに加えて中火で炒め、透き通ったら火を止める

③水にカレー粉とコンソメを溶かして加え、トッピングをのせ、ふたをする

④フライパンを火にかけ、沸騰したら弱火で15分炊き、蒸らす

noasobi_memo_2余白少

 

200712_3_2

ザワークラウトは、ドイツ生まれの、酸っぱいキャベツのお漬物。

本場では、発酵させて酸味を出すのですが、酢とコンソメで手軽にアレンジしました。

キャンプへは、瓶に詰めて凍らせて持参します。

肉料理の付け合わせや、翌朝はホットサンドの具材にも!

時間が経つほどに、味がなじんでおいしくなります。

noasobi_memo_2余白少


キャベツのマリネ(作りやすい分量)

【材料】

・キャベツの葉(細切り)・・・6~7枚分

・酢・・・大さじ2

・コンソメ・・・小さじ1

・砂糖・・・大さじ1

・塩・・・少々

・オリーブオイル

・ローリエ

 

【作り方】

①フライパンにオリーブオイルを熱し、キャベツをさっと炒める

②酢、コンソメ、砂糖、塩を加えて炒め、ローリエを加える

noasobi_memo_2余白少

200712_4

 

玉ねぎが苦手な子どもたちも、これは「甘くてとろとろだね」と大好きな味。

以前はコンソメで味つけしていましたが、塩だけで十分。

夏はしっかり冷やして、スープジャーや水筒に入れて持参しています。

暑くてあまり食欲がないときにも、これならするすると飲めます。

もちろん、温かくしてもおいしい。

noasobi_memo_2余白少

 

玉ねぎのポタージュ(作りやすい分量)

【材料】

・玉ねぎ(薄切り)・・・2個

・塩・・・小さじ1~

・バター・・・大さじ1

・オリーブオイル・・・少々

・水・・・適量

・牛乳・・・適量

・ハーブ(飾り)

 

【作り方】

①鍋にバターとオリーブオイルを熱し、玉ねぎをさっと炒め、塩をまぶして、しんなり炒める

②ひたひたに水を注ぎ、ふたをして弱火で柔らかく煮る

③ブレンダーでポタージュ状にし、冷やしておく

④牛乳を垂らし、ハーブを飾る

noasobi_memo_2余白少

2020-07-12 | Posted in 野あそび隊がゆく!No Comments » 

関連記事